トヨタL&F神奈川では、安全講習を始めとする各種セミナーを無料で実施しています。講習は当社スタッフがお客様先へ訪問いたします。

フォークリフト安全講習/作業開始前点検講習

現場でいったん事故が起きれば、その影響は深刻です。本人とそのご家族はもとより、まわりの皆様、さらに、そのために物流がストップする事態になればお客様、または取引先のお客様にも甚大な被害を与えかねません。事故撲滅を目指すトヨタL&Fでは、お客様に作業中の安全に配慮した商品を提供する一方、質の高い"安全講習/作業開始前点検講習"を実施することで、ハードとソフトの両面からお客様の安全をサポートします。

主な内容
安全講習の目的 安全講習の必要性
事故事例 事故発生状況データ
事故事例紹介
事故事例の危険予知訓練
運転操作の基本 フォークリフト操作安全度チェック
走行・荷役操作時の注意事項
実車講習 実車による運転操作チェック
各種点検 作業開始前点検、終業点検の必要性
作業開始前点検の項目と要領
費用 一切かかりません

※当社スタッフがお客様先へ訪問致します

-労働安全衛生関連法令による3つの車両管理業務-

作業開始前点検(第151条の25)

 その日の作業を開始する前に、次の事項について自主検査を行わなければならない。

年次検査(第151条の21)

 1年を超えない期間ごとに1回、定期に自主検査を行わなければならない。

月次検査(第151条の22)

 1ヶ月を超えない期間ごとに1回、定期に自主検査を行わなければならない。

作業開始前点検(第151条の25)

 ・制動装置および操縦装置の機能。

 ・荷役装置および油圧装置の機能。

 ・車輪の以上の有無。

 ・前照燈、後照燈、方向指示器および、警報装置の機能。

補修等(第151条の26)

 定期自主検査および、作業開始前点検で異常を認めたときは、直ちに補修等の措置をすること。

▶ お問い合わせ・お申し込みはこちら

4S(5S)セミナー

"誤品・欠品を無くしたい" "倉庫の収納率を高めたい" "作業効率を高めたい" "安全や環境も考えたい" などの悩みはありませんでしょうか? そういった悩みを解決するため、改善活動を実施されているお客様も多いかと思います。トヨタL&Fでは、トヨタ生産方式(TPS)の考え方に基づいた、改善活動を実施しております。TPSの基本となる4Sについて、実例を交えてご説明致します。地域一番の物流ドクターを目指すトヨタL&F神奈川にご相談下さい。改善活動の"ヒント"・"考え方"をご案内致します。

主な内容
セミナーの目的 改善活動のヒント・考え方
セミナー内容 トヨタ生産方式と4S
4Sの実践
4Sを維持する鍵、もうひとつのS「躾」
セミナー時間 60~90分
お客様のスケジュールに合わせた講習内容に変更可能です。
費用 一切かかりません

※当社スタッフがお客様先へ訪問致します

整理・整頓

目的

 1.仕事をしやすくすること

  単に、物の位置や配列を変えることでなく、能率向上やリードタイムの短縮が図れるようにする

 2.人、物にケガをさせないこと

  人の安全は、何よりも優先する、また物についても品質維持向上の面から重要

 3.異常がわかること

  作業改善を進める上で、正常/異常が明確に判断できるしくみにすること

▶ お問い合わせ・お申し込みはこちら